新型コロナ 先見通せず 観光業に光を /石川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2020年6月27日に再開する21世紀美術館=金沢市広坂1で、井手千夏撮影
2020年6月27日に再開する21世紀美術館=金沢市広坂1で、井手千夏撮影

金沢21美 来月27日開館

 新型コロナウイルス感染拡大により休館している金沢21世紀美術館は6月27日から全館を開館する。4月14日から5月末まで臨時休館の予定だったが、準備が間に合わないと判断した。

 休館前に開催していた展覧会の撤去や再開後の展覧会の準備には、スタッフや芸術家たちが県境を往来する必要があるが、新型コロナの影響で難しい。無料の交流ゾーンについては6月27日よりも前倒しで再開する可能性もある。

 再開後は、来館者を分散させるため、展覧会で日時指定のWEBチケットを導入したり、館内に滞在する人を最大1000人までに制限したりする。密集を防ぐため人気常設作品「スイミング・プール」の地下部は閉鎖して感染防止対策を行う。

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文876文字)

あわせて読みたい

注目の特集