新型コロナ 開業医「収入減」8割超 「感染恐れ受診減」、風評被害も 県保険医協アンケ /静岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの影響で開業医の8割超が「保険診療収入が減った」「外来患者数が減った」と苦しんでいることが28日、開業医で組織する県保険医協会(静岡市駿河区)の緊急アンケートで明らかになった。「院内感染を恐れて受診が減っている」「陽性患者が出たとデマを流された」などの風評被害も浮き彫りになった。【山田英之】

 県保険医協会の会員(2019年6月1日現在)は2373人。医師が1276人、歯科医師が1097人で構成される。

この記事は有料記事です。

残り882文字(全文1094文字)

あわせて読みたい

注目の特集