メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

叶匠寿庵の銘菓「標野」46年ぶり一新 着色料なし、梅で夕暮れ色に 来月1日に発売 /滋賀

2020年6月1日にリニューアル発売する、夕暮れの丘をイメージした銘菓「標野」=叶匠寿庵提供

 和菓子製造「叶匠寿庵(かのうしょうじゅあん)」(本社・大津市)は、梅酒を使った寒天の銘菓「標野(しめの)」を46年ぶりにリニューアルする。同店全店舗で6月1日に発売する。

 額田王が夕暮れの丘で詠んだ和歌にちなむ標野は、夕暮れの赤と琥珀(こはく)色を表現するのに着色料を使用していた。今回のリニューアルでは和歌山県産の赤い梅の品種「露茜(つゆあかね)」を使って、着色料なしで梅本来の…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文478文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  5. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです