メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

味や香り審査、有田市認定 全8品目、地元産みかんジュース /和歌山

会場で審査する平野祐委員長=有田市の市消防本部で

 有田地方の地元産みかんジュースの味や香りを評価する「官能審査会」が26日、有田市消防本部で開かれた。出品された8品目がいずれも基準点を上回り、「市認定みかんジュース」になった。新型コロナウイルスの感染防止対策で、委員長の平野祐・日本バーテンダー協会和歌山支部長以外の審査委員は、自宅などで審査し、オンラインの音声通話での出席となった。

 審査会はブランドを保証し、販促に役立ててもらおうと実施されており、認定品は「ふるさと納税」の返礼品にも選ばれている。「有田みかん」のみを使用した果汁100%のストレートジュースであることなどが出品の条件で、ソムリエや飲食店主らが審査する。

この記事は有料記事です。

残り146文字(全文434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです