メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

ディズニーの命拾い=小倉孝保

 <kin-gon>

 ミッキーマウスを生んだウォルト・ディズニーには年齢詐称の過去がある。第一次世界大戦(1914~18年)で戦場に行くためだった。ただ、彼は結局戦地を踏んでいない。スペイン風邪に足止めされたのだ。

 20世紀幕開けの年、米シカゴに生まれたディズニーは、高校生で陸軍入隊を希望する。若者が次々と戦地に送られ、兄ロイも海軍に入った。校内新聞に愛国漫画を描きながら戦場に行かないことを、「恥ずかしい」と感じていた。

 米兵の徴兵開始年齢(18歳)に届かないディズニーは、カナダが若い志願兵を受け入れていると聞き、国境を越えようとするも母に見つかり失敗。戦場で後方支援する赤十字救急隊なら17歳で志願できると知って応募する。当時彼は16歳。申請書に1900年生まれと書き、17歳と偽った。

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文1028文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

  4. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  5. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです