東日本大震災

東日本大震災10年 支援続く街へ心込め 感謝の書、ウィーンへ 来夏、現地で「奎星会」展

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「奎星会創立抗周年記念ウィーン展」の会場となる「ウェルト・ミュージアム・ウィーン」
「奎星会創立抗周年記念ウィーン展」の会場となる「ウェルト・ミュージアム・ウィーン」

 欧州の芸術の都を、日本の現代書道の世界が彩る。今年10月に創立80年を迎える書道団体「奎星(けいせい)会」(中原志軒会長)が来年6月、海外展「奎星会ウィーン展~日本の代表書家 ウィーンを書く」をウィーンの新王宮「ウェルト・ミュージアム・ウィーン(国立世界博物館)」で開催することが決まった。東日本大震災10年の節目の年に、今も被災地支援を続けるオーストリア国民への感謝を込め、61人の作家が新たな書作に挑む。【鈴木義典】

 オーストリアの首都ウィーン。モーツァルト、ベートーベン、ワーグナーらが活躍した音楽の都として名高く、悠久なるドナウ川や歴史的建造物は世界じゅうの観光客を引きつける。その市街地中央、新王宮にある「ウェルト・ミュージアム・ウィーン」で初めて、日本の書道展が開催される。

この記事は有料記事です。

残り1623文字(全文1967文字)

あわせて読みたい

注目の特集