メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

池田公生さん=市井の人が作る詩にメロディーを付ける

池田公生さん=提供写真

 ジャズピアニストとして被災者らから寄せられた詩に曲を付ける活動を続け、今は新型コロナウイルスで制限された生活を送る人たちの思いを歌にする。「音楽には心を慰める力がある」と信じる。

 音楽学校「国立(くにたち)音楽院」(東京都)の講師を務める。約20年前、音楽セラピーを学ぶために特別支援学校を訪れた時のこと。振り付けを交えて歌うと、目を輝かせた知的障害のある子たちに囲まれた。商業的な演奏会とは異なる手応えを感じ、「慰問演奏」がライフワークとなった。

 2011年4月、東日本大震災の支援中に立ち寄った東北の避難所でギターを奏でた時は、リクエストが1時間以上絶えなかった。数カ月後、仙台市の男性から「元気の出る曲にして」と詩が送られ、作曲してみた。「歌にして残せば時代の貴重な記録にもなる」と、ホームページでも詩を募るようになった。

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

  2. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  3. 長崎大生が新型コロナ感染 大学病院実習中に発熱 長崎県内18人目

  4. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  5. 東京で新たに111人の感染確認 4日連続100人超 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです