特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナで明暗 日立やソニー、パナなど5社減益 「在宅」でNECや富士通は好調

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日立製作所=村田由紀子撮影
日立製作所=村田由紀子撮影

 経営再建中の東芝を除く電機大手7社の2020年3月期連結決算が29日、出そろった。新型コロナウイルスの影響で、5社が減益となった。自動車関連製品や家電を生産する日立製作所やソニー、パナソニックが工場や販売店の休業で打撃を受ける一方、NECや富士通は在宅勤務拡大でパソコン販売や企業向けITサービスが好調で、明暗を分けた。

 日立は売上高が前期比7・5%減の8兆7672億円、本業のもうけを示す営業利益が12・3%減の6618億円だった。自動車メーカーの生産停止で関連製品の需要が激減したことが響いた。21年3月期は建機などの需要が減り、新型コロナによる減収分は1兆200億円に上るとみて、営業利益は43・8%減を見込む。オンラインの記者会見で河村芳彦専務は「上期を中心に世界の幅広い事業分野で影響を受けるだろう」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文807文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集