立場の弱い非正規労働者襲う「コロナ禍」 4月労働力調査など統計にもくっきり

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
各地の支援団体による4月中旬の電話相談会。解雇・雇い止めに関する相談が数多く寄せられた=さいたま市浦和区で2020年4月18日午後2時4分、矢澤秀範撮影
各地の支援団体による4月中旬の電話相談会。解雇・雇い止めに関する相談が数多く寄せられた=さいたま市浦和区で2020年4月18日午後2時4分、矢澤秀範撮影

 総務省が29日発表した4月の労働力調査によると、パートやアルバイトなど立場の弱い非正規労働者は2019万人で、子育て世代の女性を中心に前年同月比で97万人の減となり、比較可能な2014年1月以降では下落幅は最大だった。全体の就業者数は80万人減の6628万人で7年4カ月ぶりに減少。営業自粛の影響などによる休業者は597万人と過去最多となった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言の影響で雇用情勢の悪化がさらに広がった。

この記事は有料記事です。

残り2702文字(全文2920文字)

あわせて読みたい

注目の特集