メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

マスクを着けて職場や学校に向かう人たち=JR小倉駅で2020年5月29日午前8時4分、矢頭智剛撮影

 6日連続で計43人の新型コロナウイルスの感染者が出ている北九州市の北橋健治市長は29日、「極めて深刻な第2波の渦中にあると言わざるを得ない」と感染拡大に危機感を一層強めた。午前に市役所で開いた対策会議の冒頭でも「第2波のまっただ中にいる」と強調。6月1日に予定していた市立小中学校の授業の全面再開を延期し、当面は午前中のみの授業を継続するほか、再休館する屋内施設を追加する…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文468文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. ジャニーズJr.の福士申樹さんが新型コロナ感染

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか「世界を食べる」写真集最新作はリスボン ビーチで見せた“優しい異世界”

  5. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです