メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オンラインで面接や筆記試験 コロナで様変わりする大学院入試や編入試験

感染予防対策として置かれたアルコール消毒液に手を伸ばすマスク姿の受験生=東京都板橋区の大東文化大学で2020年2月5日午前9時51分、成田有佳撮影

 新型コロナウイルス感染予防のため、夏の大学院入試や大学編入試験に変化が起きている。学内での筆記や対面の面接試験を中止し、課題提出や、オンラインによる面接や筆記試験で選抜する大学院もある。試験内容や日程が相次いで変わるため受験生の混乱が予想され、高校3年生が受験する秋冬の大学入試にも波及する可能性がある。

 「大学院入試を本学で実施することは、試験会場内の密閉・密集・密接の発生や国内の移動などによる感染者を増やすリスクが伴います。そのため、7、8月の入試はオンラインでの口頭試問で実施します」。

この記事は有料記事です。

残り1316文字(全文1564文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 馬場ふみか、新型コロナウイルス感染 自宅で療養し経過観察

  2. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  3. 天皇陛下、「深い反省の上に立ち」不戦の決意を表明 全国戦没者追悼式

  4. 本当に「倍返し」ある? 銀行員たちに聞いたドラマ「半沢直樹」の虚と実<前>

  5. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです