メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SNSで誹謗中傷する人に共通する意識 木村花さん急死の危うい背景

番組打ち切りを発表した「テラスハウス」のホームページ

 人気番組「テラスハウス」に出演していた女子プロレス選手の木村花さん(22)が23日、急死した。番組内容をきっかけに会員制交流サイト(SNS)上で誹謗(ひぼう)中傷が続き、苦しんでいたとされる。SNSの有害な投稿はなぜなくならないのか。そうした投稿をどのように規制し、被害者をどう保護していくべきなのか。同様のリアリティー番組は海外でも人気だが、制作上の問題点も指摘される。課題を探った。

 テラスハウスは一般募集などで集まった男女6人が共同生活をするという設定の「リアリティー番組」で、動画配信サービス「Netflix」とフジテレビが配信・放送してきた。木村さんは2019年から出演。3月末配信の回では、出演者の一人がプロレスの衣装を誤って洗濯して使えなくなり、木村さんが相手を強く非難する場面が描かれた。

 その後、SNS上で「早く消えてくれよ」「吐き気がする」などの木村さんへの暴言が相次いだ。木村さんは23日、ツイッターに「毎日100件近く率直な意見。傷付いたのは否定できなかったから」などと投稿し、その後亡くなった。遺書も発見された。番組は打ち切りが決まった。

 SNS上で攻撃された人の苦しみは深い。殺人事件に関与したと事実無根の誹謗中傷を受けた経験がある、お笑い芸人のスマイリーキクチさん(48)は当時、相手の素性も分からず「自分が、言葉で人を殺すゲームのキャラクターにされたように感じた」という。

 ネット上の暴言を「スープに入ってきたハエ」に例える。支持や応援の書き込みが大半でも、わずかな「ハエ」が気になるとの意味だ。木村さんについては「言葉が刃物のように心に突き刺さり、命を絶つまで追い詰めてしまったのかもしれない」と思いやった。

 激しい誹謗中傷は、なぜ起きるのか…

この記事は有料記事です。

残り1387文字(全文2126文字)

宇多川はるか

2007年入社。仙台支局で東日本大震災、横浜支局で相模原障害者施設殺傷事件を取材。2018年から統合デジタル取材センター。小児がん、保育、虐待など子どもを巡るテーマ、障害者福祉、性暴力、ハラスメントの問題を継続取材。

塩田彩

大阪府出身。2009年入社。前橋支局、生活報道部を経て19年5月より統合デジタル取材センター。障害福祉分野を継続的に取材しています。好物は児童文学。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS [東京ドラマアウォード]グランプリに『いだてん~東京オリムピック噺~』 主演賞には生田斗真&黒木華

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 伊藤健太郎容疑者、目撃者に説得され事故現場に戻る 所属事務所は「おわび」

  4. オリエンタルランド、511億円の赤字に転落 21年3月期連結決算

  5. 「気が動転してパニックに」「買い物途中道に迷った」 伊藤健太郎容疑者が供述

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです