メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#最後の1年 早稲田大ラグビー部

宿敵念頭にスローガンは「バトル」 コロナ禍でも歩み止めず 連覇狙う早大ラグビー部

11季ぶり16回目の優勝を決めて笑顔で記念撮影する早稲田大の選手たち。前列中央は相良南海夫監督=東京・国立競技場で2020年1月11日、宮間俊樹撮影

 晴れ渡った5月中旬、早稲田大ラグビー部の拠点、上井草グラウンド(東京都杉並区)は静けさに包まれていた。隣接した寮の軒下で、マスク姿の部員数人が筋力トレーニングに励んでいた。その先の駐車場の隅ではNO8で主将の丸尾崇真(たかまさ、21歳)=文化構想学部4年=が柱にタックルバッグを立て掛けて、黙々と突き刺さるように飛び込んでいた。「チーム練習ができない今は個を極めていくしかない」。新型コロナウイルスの感染対策として互いの距離を空け、会話も控えているため、時折、バーベルが鳴らす金属音だけが響いていた。

 1月の全国大学選手権で連覇を狙った明治大を45―35で破り、王座に返り咲いた。最多を更新する16回目の優勝は、帝京大の9連覇が始まる前の2008年度以来11季ぶりだった。王者になった時にだけ口にできる部歌「荒ぶる」を真新しい国立競技場に響かせた。昨秋のワールドカップ日本大会の熱気が残る中、大学ラグビー界の盟主が主役の座に戻った。勢いづいた直後の予期せぬコロナ禍だった。

この記事は有料記事です。

残り1465文字(全文1902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  3. イオン、就業時間中は全面禁煙に 従業員45万人対象 「卒煙」支援も

  4. ORICON NEWS ジャングルポケット・斉藤慎二、新型コロナ感染 相方おたけ&太田博久は陰性

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです