メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まとメシ

緊急連載! テイクアウト&お取り寄せ_自宅でカフェ気分!『カフェ メールネージュ』のテイクアウトモーニング&テイクアウト弁当/名古屋エリア限定情報(101)

情報提供:おとなの週末

安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。

nagoyatitle-01_main_1590563292

自宅でカフェ気分が味わえる! 愛知県一宮市『カフェ メールネージュ』のテイクアウトモーニング&テイクアウト弁当


安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の喫茶店のモーニング。

その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市は県内でもモーニングの激戦区として知られる。

木曽川町にある『カフェ メールネージュ』は、市内でも屈指の人気店だ。

mato_nagoya_101_image2_1590563360
昨年10月、軽減税率の導入で店内での飲食よりも、テイクアウトの方がお値打ちに食べられることに着目し、テイクアウトモーニングに力を入れている。

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言で、その需要はより高くなった。

mato_nagoya_101_image3_1590563425
テイクアウトモーニングで人気なのは、手作りのワッフルに野菜や玉子などをサンドした「ワッフルバーガー」。

写真右はポテトサラダ、左はきんぴら。

いずれもほんのりと甘いワッフルが、具材の旨みを引き立てている。

各500円で、コーヒーや紅茶、ミルク、カルピスなど7種類からドリンクが選べる。

mato_nagoya_101_image4_1590563477
こちらは、たっぷりの玉子とミルクに浸して焼き上げた「フレンチトーストサンド」。

写真右はベーコンエッグ、左はモッツァレラチーズ。

フレンチトーストのフワフワ食感がたまらない。

こちらもドリンク付きで各500円。

テイクアウトモーニングの提供時間は、9時~11時(10時45分L.O.)。

mato_nagoya_101_image5_1590563517
ランチタイム(11時~15時※14時45分L.O.)にはテイクアウト弁当も数量限定で用意している。

前日までの予約が優先となるが、当日予約は10~15分ほど待つ場合もある。

店の外にテイクアウト専用のコーナーがあり、そこで商品を受け取ることができる。

mato_nagoya_101_image6_1590563551
テイクアウト弁当でおすすめなのは、「オムライス弁当」(500円)。

一宮市は養鶏が盛んで、使用する玉子は地元産。

濃厚な味わいと、ケチャップライスとの相性は抜群。

売り切れ必至とのことなので、予約するのがベターだ。

mato_nagoya_101_image7_1590563586
唐揚げとポテトコロッケ、オムレツ、雑穀米を詰めた「彩イロ弁当」も500円。

野菜もたっぷりと入っていて、栄養バランスも◎。

mato_nagoya_101_image1_1590563633
日替わりのお弁当は、ほかにも焼きたてのキッシュをメインとした「本日の弁当」がある。

こちらは500円~。
※写真の「キッシュとフレッシュ野菜サラダ」は600円。

mato_nagoya_101_image8_1590563668
これは、唐揚げ丼をベースにアボカドやパブリカなど新鮮な野菜を盛り付けた「チリマヨアボ唐のっけ丼」(600円)。


このように、テイクアウト弁当は500円か600円と、かなり安い。

これには、オーナーである遠藤由香里さんの思いが込められている。


mato_nagoya_101_image9_1590563700
「お店に来てくださるのは、30代の子育て中のママさんが中心なんです。
お弁当の値段が高すぎると、どうしてもお子さんの分だけになってしまいます。
500円、600円であれば、自分の分も一緒に買って親子で楽しめると思うんです」と、遠藤さん。


テイクアウトモーニングも、テイクアウト弁当もインスタ映えするものばかり。

自宅でもカフェ気分が味わえること間違いなしだ。

mato_nagoya_101_image10_1590563791 カフェ メールネージュ
[住所]愛知県一宮市木曽川町外割田4の通り106-1
[TEL]0586-87-2456
[営業時間]8時~17時
[定休日]木曜








永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。


関連記事

名古屋エリア限定グルメ情報(2) 「ひつまぶし」と「う巻き」が同時に味わえる「うなぎまぶしのオムライス」

名古屋エリア限定グルメ情報(1) 「ひつまぶし」から垣間見える職人たちの葛藤

名古屋エリア限定グルメ情報(3) 土用の丑。通常より1.6倍の大サイズの鰻に驚愕!

名古屋エリア限定グルメ情報(4) 名古屋の夏といえば、「きしころ」に決まっとる。

名古屋エリア限定グルメ情報(5) JR名古屋駅中央改札から徒歩1分! 超穴場のとんかつ専門店で「でら旨」な味噌かつ丼を堪能!


情報提供:おとなの週末

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  4. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  5. 愛知の新規感染者125人 7日連続で100人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです