特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 体育はマスク「不要」部活は? 熱中症リスク増大懸念

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
学校再開後の体育の授業では、ほとんどの生徒がマスク着用でサッカーをしていた=岡山県倉敷市の市立南中で21日、岩本一希撮影(画像の一部を加工しています)
学校再開後の体育の授業では、ほとんどの生徒がマスク着用でサッカーをしていた=岡山県倉敷市の市立南中で21日、岩本一希撮影(画像の一部を加工しています)

 夏でも運動中にマスクは必要?――。気温が上昇する季節を迎え、マスクを着けての運動は熱中症のリスクが高まると指摘されている。新型コロナウイルスの影響による政府の緊急事態宣言が解除されて学校再開の動きが本格化する中、体育の授業や部活動、ジョギング中などの感染防止をどう図るべきか。

運動強度落として

 スポーツ庁は5月21日、全国の教育委員会などに対し、学校での体育の授業中のマスク着用について具体的な対応策を通知した。マスクを外している間は「児童生徒間の距離を2メートル以上確保する」「教師や見学児童はマスクを着用する」とした上で、呼吸困難や熱中症のリスクを避けるために体育をする児童や生徒は「マスクの着用は必要ない」との見解を示した。部活動についても「ある程度準拠してほしい」と言及している。こうした指針について、スポーツ庁の担当者は「あくまで体育の授業に関すること。熱中症と感染予防の両方のバランスを見て判断した。体育の授業に関しては、通知を参考にしてほしい」と説明。文部科学省も22日に体育の授業でマスクを着ける必要はないとの方針を明らかにした。

 日本スポーツ協会(JSPO)は21日、スポーツ活動再開時の注意点について、「スポーツ活動中も飛沫(ひまつ)の拡散を防止するため、できるだけマスクの着用をすることが望まれる」と指針を発表。呼吸困難に陥るのを避けるため、「これまでよりも運動強度を落として」とした。

この記事は有料記事です。

残り1050文字(全文1655文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集