メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・アーティスト

中井智彦 自由なれど道を外さず

 

 アルバムの冒頭からギラギラとしたドラムとエレキギターが威勢よく響く。こんな「シング・シング・シング」は初めて。耳になじみのある名曲が、自分の可能性はまだまだと挑発しているようにさえ聞こえる。それはどの曲にも共通している。ミュージカル俳優として「レ・ミゼラブル」や「美女と野獣」などに出演してきた中井智彦の新作「I LIVE MUSICAL!」は、選曲こそ王道の名曲だけれど、編曲が斬新で、ジャズ風の曲であってもどこかにロックの影響が潜んでいる。

 「基本的にバンドサウンド好きだと思います。選んだ10曲は、もともとオーケストレーションが重厚な曲が多く、それをバンドスタイルにどう変換し、極限まで高めていくかが今回の挑戦でしたね」

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文1057文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです