メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イブニングzoom

「家」を背負って移住するアーティスト 「所有」という常識を疑う

 突然出くわすと、大抵の人は目を丸くする。次いで眉をひそめるか、笑いだすか、困ったように視線を外すか――。アーティスト、村上慧(31)の作品は、それほど刺激的で存在感がある。

 瓦屋根まで作り込んだ発泡スチロール製の小さな「家」。村上はそれを背負い、2014~15年の約1年間、遊牧民のように日本中を歩き回った。各地で軒先を借り、家を据えて中で寝た。

 移動する姿は、まるで家に足が生えて歩いているように見える。人々からは当然、奇異の目が注がれる。だが、村上には見極めたいものがあった。

この記事は有料記事です。

残り1960文字(全文2201文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

  2. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

  3. 世界の感染、1日で過去最多21万人増 米、ブラジルで拡大 新型コロナ

  4. 豪雨の死者18人に 熊本県発表 心肺停止16人、行方不明14人

  5. ORICON NEWS 浜崎あゆみ、ドラマ『M』最終回で初コメント「最低で最高で、大嫌いで大好きでした」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです