メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海第2再稼働「県民投票、有効な手段」 村長が理解示す /茨城

記者会見する東海村の山田修村長=茨城県東海村で

 日本原子力発電東海第2原発(東海村)の再稼働の賛否を問う県民投票の実現に向け、市民団体が県に条例制定を直接請求したことについて、東海村の山田修村長は29日の定例会見で、住民の意見を確認する方法として「(県民投票は)有効な手段だ」と理解を示した。

 市民団体「いばらき原発県民投票の会」が直接請求のために集めた署名は8万6703筆に上り、立地自治体の東海村では有権者の3・71%に当たる1164筆が集まった。山田…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文513文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです