メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ テークアウト可能、飲食店マップ配布 山中湖・サイクリングチーム /山梨

テークアウト可能な店を掲載したマップを手にする「山中湖シクリスムフォーマション」のメンバー=山梨県山中湖村で

 新型コロナウイルスの影響でテークアウト(持ち帰り)を始めた飲食店を支援しようと、山中湖村を拠点に活動するサイクリングチーム「山中湖シクリスムフォーマション」が27日から、テークアウト可能な飲食店を掲載したマップを村内などで配布している。

 配布しているのは、山中湖観光協会が作成した「Yamanakako TAKE OUT MAP」。表面にテークアウトできる村内22店舗の所在地を示した地図、裏面に店舗ごとに料理の写真や営業時間、電話番号などが掲載され、割引クーポンも付いている。

 新型コロナウイルス感染拡大で村では主要産業の観光、宿泊、飲食などの業界が大きな打撃を受けた。売り上げの減少からテークアウトを始める飲食店も増え、チームはマップの配布で地元を支援しようと考えた。また、自転車の普及やチームの活動をアピールする狙いもあるという。

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文637文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  2. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  3. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  4. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  5. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです