メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 岐阜大に米400キロ寄付 保険会社と生産組合協力 /岐阜

米の寄贈に謝辞を述べる岐阜大学黒野寮の女子寮長で医学部看護学科3年の野村奈々子さん(手前)=岐阜大学黒野寮で

 新型コロナウイルス感染拡大で経済的に困窮する学生を支援しようと、岐阜市の損害保険会社「みらい」の上田健太郎社長と、山県市の米生産者組合「桜尾生産組合」(平野良次組合長)が29日、岐阜大学(岐阜市)に米400キロを寄付した。大学内の「黒野寮」寮生243人や留学生に配られる。

 「学生のために何か支援したい」と考えた上田社長が旧…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文408文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヘルパーからコロナ感染し死亡」 82歳女性の遺族が介護事業所を提訴 広島

  2. #最後の1年 コロナ禍の受験シーズン 最後を決めたサッカー部員と母の思案 横浜市立旭中

  3. 「前例ない決定、菅首相がなぜしたかが問題」学術会議任命外された加藤陽子氏コメント

  4. フランス料理のシェフ、関根拓さん死去 39歳

  5. ORICON NEWS 江頭2:50、大川興業を退社 公式サイトで報告「ありがとうございました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです