メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スポーツ!博物館

オリンピック参加メダル 選手ら友情の証し /愛知

1998年冬季五輪長野大会の参加メダル=中京大スポーツミュージアム蔵

 オリンピックのメダルといえば、だれもが金・銀・銅メダルを思い浮かべるだろう。だが、ほとんど注目されていないメダルがもう一つある。選手全員が手にすることができる「参加メダル」だ。

 参加賞ともいえるこのメダルには、近代オリンピックの創始者ピエール・ド・クーベルタンが描いた五輪の理想が映し出されている。クーベルタンは、約2800年前から1200年間続いた古代ギリシャのオリンピア競技会を近代に復活させた。スポーツによって心身を鍛えたあらゆる国や地域の若者が、大会を通じて友情を育むことで実現できる、平和な世界を目指したのだ。この理念は「オリンピズム」と呼ばれる。

 オリンピックで出会い、フェアに競い、互いを認め合った選手たちは、みな、同じメダルを手にそれぞれの故郷に帰る。参加メダルは、オリンピズムの象徴、友情の証しなのだ。これは、大会を運営した役員や国際オリンピック委員会(IOC)のメンバーにも与えられる。

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

  3. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  4. ORICON NEWS キャンディーズの伝説のコンサートがデジタルリマスターで蘇る 

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです