メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 県外往来、自粛解除 来月、催しも段階的に緩和 /滋賀

県内の新型コロナウイルスの感染状況について説明する三日月大造知事=大津市京町4の県危機管理センターで2020年5月29日午後5時50分、諸隈美紗稀撮影

 県は29日、対策本部会議を開き、6月1日以降は県をまたぐ移動やクラスター(感染者集団)が発生した施設の利用について、自粛要請を解除すると発表した。三日月大造知事は「県内の状況は落ち着いてきている。感染が拡大傾向にないことを確認しつつ、自粛要請を段階的に解除していく」と述べた。【諸隈美紗稀、礒野健一】

 ただし、18日までは、緊急事態宣言の解除が最も遅かった1都3県と北海道、感染者が多数発生している北九州市への移動や、接待を伴う飲食店などの利用について極力控えてほしいとしている。

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文509文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  2. 冷たい濁流に体力奪われ、姉らと抱き合い5時間…力尽く 熊本・芦北の酒井さん

  3. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

  4. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  5. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです