メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わが町にも歴史あり・知られざる大阪

/531 東高野街道/27 /大阪

住宅街の中にひっそりと建つ「神武天皇盾津顕彰碑」=東大阪市日下町6で、松井宏員撮影

 ◆東大阪市

 東大阪市善根寺町6の善根寺春日神社の「孔舎衙(くさえ)坂古戦場」と、参道に立つ「楯津(たてつ)浜」の石碑から、古代へと飛んでみよう。

 この地は、神武天皇が九州から兵を起こして東のヤマトへと進んだ、いわゆる「神武東征」の舞台だ。「古事記」や「日本書紀」によると、九州をたって瀬戸内海を進み、「浪速(なみはや)の渡(わたり)」を経て、「白肩(しらかた)の津」に停泊。ここから陸路、生駒山を越えて大和を目指すはずだったが……。

 大和の有力者、ナガスネビコが行く手に立ちふさがる。「孔舎衙坂の戦い」だ。神武天皇は船に入れてあった盾を手に取って陸地に立ったので、この地を盾津(楯津)と呼ぶようになった。

この記事は有料記事です。

残り1187文字(全文1490文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです