メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 北九州市感染急増26人 東京も新規で22人

 新型コロナウイルスの感染者が急増している北九州市は29日、新たに26人の感染が判明したと発表した。市の1日の感染確認としては最多で、感染確認は7日連続の計69人となった。週明けの6月1日に全面再開を予定していた市立小中学校について、当面は現在の午前中のみの授業を継続し、市施設の休館を31日からすべての屋内施設に拡大することを決めた。

 北九州市は4月30日から23日連続で感染者ゼロだったが、5月23日以降毎日感染が確認されている。21人の感染が確認された28日には、二つの医療機関のクラスター(感染者集団)に加え、小中学生2人の感染も判明した。福岡県は接待を伴う飲食店など一部業種を対象にした休業要請について、同市内では6月1日以降も同18日まで延長することを決めた。

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文573文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  3. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  4. 「習志野隕石」船橋にも落下していた 7月の「火球」破片、国立科学博物館が確認

  5. 熱血!与良政談 河井夫妻はなぜ辞めない=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです