メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 皇室「国民との接点」模索 発言、異例のHP公開 ガウン手作り

新型コロナウイルスの影響が続く中、日本赤十字社の社長らから医療現場の対応などについて説明を受けられる天皇、皇后両陛下=東京都港区の赤坂御所で2020年5月20日(宮内庁提供)

 新型コロナウイルスの感染拡大は皇室の活動にも大きく影響している。天皇、皇后両陛下や皇族方が出席される行事や儀式は延期、中止が相次ぐ。緊急事態宣言は解除されたが、当分は従来のような形で活動を再開するのは難しいとみられる。両陛下や秋篠宮ご夫妻は国民を取り巻く状況について専門家から説明を聞く機会を重ねており、宮内庁はこうした様子を従来にも増してホームページ(HP)で発信しようとしている。

 皇室では本来、春は比較的行事などが多い季節だ。しかし、今年は両陛下の即位後初の外国訪問になるはずだった英国訪問や、島根県で開催予定だった全国植樹祭は延期に。また令和初の園遊会も中止になった。

この記事は有料記事です。

残り1096文字(全文1385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. ジャニーズJr.の福士申樹さんが新型コロナ感染

  4. ORICON NEWS 綾瀬はるか「世界を食べる」写真集最新作はリスボン ビーチで見せた“優しい異世界”

  5. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです