メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・話題の本

『カレンの台所』=永江朗

 ――では楽しい漬かり時間です。うま味風呂に浸(つ)からせ、その味を豚たちのものとさせるので、いつもより濃いめに味をつけていきます――。

 滝沢カレン著『カレンの台所』(サンクチュアリ出版・1540円)にある「豚の生姜(しょうが)焼き」より。

 こんなに愉快な料理の本は今まで読んだことがない。

 新型コロナの巣ごもり需要なのか、ベストセラーリストには料理本が何冊も入っている。どれも個性が際立つものばかりだけど、ひときわ輝いているのが本書だ。著者はモデルで女優(だそうだが、テレビを持っていない私は、まだ見たことがない。どんな演技をする人なのだろう)。

 ブリ大根や肉じゃが、しゅうまい、キーマカレーにロールキャベツと、家庭料理の定番がずらりと並ぶ。

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文847文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 余録 かつて「長者番付」と呼ばれる高額納税者リストの注目された時代があった…

  3. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 50代でのタイトル戦は「名誉」 竜王戦で通算100期目指す羽生九段の一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです