メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『秘本大岡政談』=井上ひさし・著

『秘本大岡政談』

 (ちくま文庫・990円)

 井上ひさし氏の時代小説を収録した短編集だ。江戸幕府御家人の息子で現在は下級警察官(巡査)の原田源太郎が犯した殺人事件を扱った「合牢者(あいろうもの)」が印象に残った。原田は、質屋の未亡人の養子になった2日後に未亡人を殺害する。状況証拠は揃(そろ)っているが、原田が犯行を頑強に否認している。そこで、警視庁巡査副総長が拘置所におとりを送り込んで、原田と親友になり、真実を告白させるという…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  3. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 九州豪雨・被災者の証言 熊本・球磨村その1 「自分の身は自分で守って」未明の防災無線

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです