特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

中島岳志・評 『百田尚樹をぜんぶ読む』=杉田俊介、藤田直哉・著

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
『百田尚樹をぜんぶ読む』
『百田尚樹をぜんぶ読む』

 (集英社新書・1034円)

現代日本のナショナリズムを解く鍵

 大阪で生まれ育った評者にとって「探偵!ナイトスクープ」は大好きな番組で、放送開始当初から楽しんできた。この番組のチーフライターを長年つとめてきたのが百田尚樹である。彼は、2006年に『永遠の0』を発表し、ベストセラー作家となった。一方で、タカ派の歴史観を語り、右派論壇の寵児(ちょうじ)となっている。「探偵!ナイトスクープ」の親しみやすさと、過激な右派的発言へのギャップに、戸惑い続けてきた人も多いのではないか。評者もその一人である。

 いったい百田の思いはどこにあるのか。彼の世界観とは、いかなるものなのか。

この記事は有料記事です。

残り1771文字(全文2056文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集