メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『にっぽんアニメ創生記』=渡辺泰、松本夏樹ほか・著

『にっぽんアニメ創世記』

 (集英社・2860円)

 2017年は国産アニメーション第1号が公開されてから100年に当たり、日本動画協会がこのアニメに関する調査を行った。在野のアニメ研究家である渡辺泰、松本夏樹、フレデリック・S・リッテンの3氏が成果をまとめたのが本書である。

 結論から記せば第1号は、1917年1月、下川凹天(しもかわおうてん)による「凸坊新畫帖(でこぼうしんがちょう) 名案の失敗(もしくは芋助猪狩(いもすけししがり)の巻)」が…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文525文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 余録 かつて「長者番付」と呼ばれる高額納税者リストの注目された時代があった…

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 柔道のGS東京大会開催断念へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです