メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『サガレン 樺太/サハリン 境界を旅する』=梯久美子・著

『サガレン 樺太/サハリン 境界を旅する』

 (角川書店・1870円)

 サガレンはサハリン。かつて日本領だった時には樺太(からふと)と呼ばれていた島で今はロシア領。

 前半は現代サハリンの紀行である。もっぱら鉄道を使う旅で、なかなか冒険っぽいし、郊外の風景や町の景観の描写がいい。

 しかしこの本の価値は後半の宮沢賢治の詩の深い読みにある。一九二三年、彼は花巻農学校の教え子の就職を斡旋(あっせん)するために樺太に渡った。愛する妹トシが二十…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ

  2. 結核7人集団感染 1人死亡、6人は家族や関係者 北九州市

  3. 政権批判の「料理動画」なぜ人気 声高主張より「蒸し鶏」で 「クッキング議員」に聞く

  4. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  5. 韓国、コロナ抗体ほぼ確認できず 3055人検査 集団免疫「不可能」指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです