メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外田中将大が8年ぶり楽天復帰 ヤンキースから

「中国は国際法違反」「米国こそ世界のトラブルの原因」 香港巡り激しい非難合戦

ビクトリア・ピークから撮影した香港の夜景=2018年10月23日、福岡静哉撮影

 国連安全保障理事会は29日、中国の全国人民代表大会(全人代=国会)が「国家安全法制」の導入を決めた香港情勢について非公式にオンラインで協議した。協議を要請した米英は中国を批判。反発した中国が、気候変動対策の枠組み「パリ協定」など国際的な合意から離脱する米国こそが「世界のトラブルの原因だ」と非難するなど、激しい応酬になった。

 「人権と香港市民の威厳ある生活を守るという、名誉な立場を明確にするのか。それとも、中国共産党が国際法に違反し、自由を求める香港の人々に党の意思を強制することを許すのか」。米国代表部によると、米国のクラフト国連大使は安保理理事国にそう迫り、中国に姿勢の転換を求めるよう国際社会に訴えた。

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  2. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  3. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  4. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  5. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです