「中国はWHOを支配」トランプ氏脱退表明 香港優遇も見直し、米中対立激化へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ドナルド・トランプ米大統領=西田進一郎撮影
ドナルド・トランプ米大統領=西田進一郎撮影

 トランプ米大統領は29日、ホワイトハウスで記者会見し、香港に対して関税やビザ(査証)発給などの面で優遇措置を保証する「特別な地域」の取り消しに向けた手続きを開始すると発表した。中国の全国人民代表大会で、香港の反中活動を禁じて統制を強化する「国家安全法制」の新設が決まったことを受けた制裁措置になる。また、新型コロナウイルスへの対応を巡って「中国寄り」と批判してきた世界保健機関(WHO)が必要な改革を拒否しているとし「今日からWHOとの関係を断ち切る」と脱退を表明した。

 中国側の猛反発は必至で、新型コロナの感染拡大で先鋭化した米中の対立は、激しさを増しそうだ。

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文974文字)

あわせて読みたい

注目の特集