メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「中国はWHOを支配」トランプ氏脱退表明 香港優遇も見直し、米中対立激化へ

ドナルド・トランプ米大統領=西田進一郎撮影

 トランプ米大統領は29日、ホワイトハウスで記者会見し、香港に対して関税やビザ(査証)発給などの面で優遇措置を保証する「特別な地域」の取り消しに向けた手続きを開始すると発表した。中国の全国人民代表大会で、香港の反中活動を禁じて統制を強化する「国家安全法制」の新設が決まったことを受けた制裁措置になる。また、新型コロナウイルスへの対応を巡って「中国寄り」と批判してきた世界保健機関(WHO)が必要な改革を拒否しているとし「今日からWHOとの関係を断ち切る」と脱退を表明した。

 中国側の猛反発は必至で、新型コロナの感染拡大で先鋭化した米中の対立は、激しさを増しそうだ。

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文974文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. 光秀の先祖? 「明智」姓が記された鎌倉時代の古文書発見 岐阜・多治見

  4. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  5. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです