メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「中国はWHOを支配」トランプ氏脱退表明 香港優遇も見直し、米中対立激化へ

ドナルド・トランプ米大統領=西田進一郎撮影

 トランプ米大統領は29日、ホワイトハウスで記者会見し、香港に対して関税やビザ(査証)発給などの面で優遇措置を保証する「特別な地域」の取り消しに向けた手続きを開始すると発表した。中国の全国人民代表大会で、香港の反中活動を禁じて統制を強化する「国家安全法制」の新設が決まったことを受けた制裁措置になる。また、新型コロナウイルスへの対応を巡って「中国寄り」と批判してきた世界保健機関(WHO)が必要な改革を拒否しているとし「今日からWHOとの関係を断ち切る」と脱退を表明した。

 中国側の猛反発は必至で、新型コロナの感染拡大で先鋭化した米中の対立は、激しさを増しそうだ。

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文974文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです