メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

意図せぬ妊娠1500万人増 国連が警鐘 新型コロナで避妊具・薬が入手困難

新型コロナ対策で行動制限が実施されているジンバブエで、避妊薬を使用している女性=4月9日、AP

 新型コロナウイルスによる医療サービスの混乱が1年続いた場合、低・中所得国で意図しない妊娠をする女性が1500万人増える――。国連人口基金(UNFPA)が、各国の新型コロナ対応などにより、特に低・中所得国で避妊薬や避妊具の入手が困難になったと警鐘を鳴らしている。意図しない妊娠は貧困を加速させ、妊産婦や新生児の健康を損なうことにつながる。

 「手を打たなければ、40万人が意図しない妊娠をする可能性がある」。世界4位の人口を抱え、1960年代後半から人口抑制策をとってきたインドネシア。国家家族計画調整庁のハスト長官は、毎日新聞の取材に危機感をあらわにした。

この記事は有料記事です。

残り752文字(全文1030文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 120度の高温で生息する微生物群発見 海底下1200メートル掘削調査

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 「自分が冤罪被害とは」事故1年後に逮捕の母 乳幼児揺さぶられ症候群

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです