静岡から盛岡へ、ピューマのニーナがやってきた 繁殖に期待

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
来園したピューマの「ニーナ」=盛岡市新庄の市動物公園で
来園したピューマの「ニーナ」=盛岡市新庄の市動物公園で

 盛岡市動物公園は6月1日、今年度の開園初日を迎える。開園に先立ち、静岡市立日本平動物園から来園したピューマの「ニーナ」が公開された。繁殖環境を整えるためのクラウドファンディングも成功し、同園は赤ちゃん誕生にも期待している。

 ニーナは1歳の雌で好奇心旺盛な性格。日本平動物園から貸し出され、同様に愛媛県のとべ動物園から来ているシャイな性格の「タフ」(雄、1歳)とのペアによる繁殖を目指す。

 ピューマは国内の動物園では9園、16頭しか飼育されていない。2010年以降は全国的に繁殖が不調で、ピューマを飼育する園も減っている。

この記事は有料記事です。

残り353文字(全文614文字)

あわせて読みたい

注目の特集