特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

QRコードで感染者の足取り追跡 付近にいた人にメールで注意喚起 大阪府

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪コロナ追跡システムのデモンストレーションをする府職員=大阪市中央区大手前の府庁で2020年5月29日午前10時13分、田畠広景撮影
大阪コロナ追跡システムのデモンストレーションをする府職員=大阪市中央区大手前の府庁で2020年5月29日午前10時13分、田畠広景撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、大阪府は29日、「大阪コロナ追跡システム」の運用を始めた。府が発行するQRコードを、店やイベント主催者が掲示し、利用者がスマートフォンなどで読み取りメールアドレスを登録。感染者が判明した場合にメールを一斉送信し注意を呼びかける。QRコードは同日午後4時現在で、2586件の登録があった。

 府庁の食堂前で、報道陣向けのデモンストレーションがあった。入り口にQRコードが印刷された紙が貼られると、客役の府職員がスマートフォンを操作。「アドレスを2回打ち込むだけなので1分もかからない。事業者の登録も数分で済みます」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文652文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集