メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

QRコードで感染者の足取り追跡 付近にいた人にメールで注意喚起 大阪府

大阪コロナ追跡システムのデモンストレーションをする府職員=大阪市中央区大手前の府庁で2020年5月29日午前10時13分、田畠広景撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、大阪府は29日、「大阪コロナ追跡システム」の運用を始めた。府が発行するQRコードを、店やイベント主催者が掲示し、利用者がスマートフォンなどで読み取りメールアドレスを登録。感染者が判明した場合にメールを一斉送信し注意を呼びかける。QRコードは同日午後4時現在で、2586件の登録があった。

 府庁の食堂前で、報道陣向けのデモンストレーションがあった。入り口にQRコードが印刷された紙が貼られると、客役の府職員がスマートフォンを操作。「アドレスを2回打ち込むだけなので1分もかからない。事業者の登録も数分で済みます」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り370文字(全文652文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 北朝鮮・拉致問題 事件から40年 「悔やんでも悔やみきれない」 地村夫妻がコメント /福井

  4. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  5. 地村保さん死去 93歳 拉致被害者・保志さんの父

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです