メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京アニ容疑者、医療関係者に謝意 「こんなに優しくしてもらったことなかった」

京都府警伏見署から京都地裁へ移送される青葉真司容疑者=2020年5月27日午後2時15分、本社ヘリから

 「京都アニメーション」第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件で、逮捕された青葉真司容疑者(42)が、入院していた大阪府内の大学病院について「こんなに優しくしてもらったことはなかった」などと供述していたことが、捜査関係者への取材で判明した。担当看護師に直接謝意を伝えていた。当初は命が危ぶまれるほど重篤だったが、皮膚移植手術を何度も受けて危険な状態を脱した。

 青葉容疑者は2019年7月の事件直後、現場から数十メートル離れた路上で倒れているところを、京都府警に確保された。全身の9割に最も重い「3度熱傷」のやけどを負い、京都市内の病院に搬送。2日後、より高度な治療が受けられる大阪府内の大学病院に転院した。

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文682文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 山本太郎の現在地 (下)「世の中、見えてんのか?」 消費税5%、強気崩さないワケ

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです