メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

家族連れやサーファーの姿が戻った片瀬海岸=神奈川県藤沢市で2020年5月30日、宮島麻実撮影

 夏に多くの人が訪れる江の島(神奈川県藤沢市)周辺の砂浜をはじめとした湘南の海水浴場が、新型コロナウイルスの影響で今年は開設されない見通しになった。県が海の家の利用を予約制にすることを求めるなど運営に高いハードルを設定したことが一因。同市や鎌倉市など沿岸の市町や設置者団体が相次いで開設しないと決めており、この夏は湘南の風景が様変わりしそうだ。

 県内の海水浴場を巡っては、県が21日、設置者に対し、ソーシャルディスタンス(社会的距離)を確保するため砂浜に一定の間隔で目印の設置を行うことや、海の家の利用は完全予約制とすることなどを定めたガイドライン(指針)案を沿岸の市町に示した。第2波の懸念もあり、「厳しめ」(黒岩祐治知事)の条件を設けた。

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文663文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 王位戦第2局、藤井聡太七段が2連勝 終盤の強さ発揮 最年少タイトルに挑戦中

  4. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

  5. 愛知・大村知事「不要不急の首都圏移動、お控えを」 県内の経済活動は推進

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです