メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都の花街、営業再開へ独自指針 「お座敷遊びなし」芸舞妓に説明

営業再開に向け、感染防止のための指針の説明を受ける宮川町の舞妓ら=京都市東山区の宮川町歌舞練場で2020年5月30日午後0時28分、福富智撮影

 京都の五つの花街で作る京都花街組合連合会は、京都府が新型コロナウイルス対策の休業要請を全面解除する6月1日に営業を再開することを決め、感染防止のための独自の指針を作った。30日には五花街の一つ、宮川町でお茶屋や芸舞妓(げいまいこ)への説明会が開かれ、お座敷遊びはせず、歓談と芸事の披露にとどめるよう伝えられた。

 宮川町歌舞練場(京都市東山区)であった説明会には、普段着でマスクを着けた芸舞妓ら約90人が参加。宮川町お茶屋組合の職員が「客同士、客と芸舞妓との間隔は1~2メートル確保する」「お酌などで近づく場合は会話を避ける」といった指針の内容に加え、1カ所の滞在は4時間程度を上限とし、芸舞妓の活動は午後10時までとする宮川町独自のきまりを設けたことを説明した。組合長の駒井文恵さんは「お客さんを守り、自分たち…

この記事は有料記事です。

残り382文字(全文738文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  5. 「首相、今井、佐伯で決めていたやり方がらっと変わる」 キャリア官僚の本音 菅政権で沈む省庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです