特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

新型コロナ 元巨人投手・小野仁さん 野球に感謝する時来る 球児たちにエール /神奈川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
小野仁さん
小野仁さん

 秋田経法大付(現ノースアジア大明桜)高時代から野球の日本代表に選ばれた大型左腕は、プロで挫折を経験し、引退後は職を何度も変えた。元巨人投手の小野仁さん(43)だ。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、春のセンバツに続いて夏の甲子園も中止になり、小野さんは、自らの人生を振り返ったうえで「どんな状況でも目標と夢を持ち続けていれば、将来、野球に感謝できる時が来る。良い縁が巡ってくる」と球児たちに呼びかけている。【上鵜瀬浄】

 現在、横浜市に住む小野さんは2017年、東京都内の健康機器会社に入社した。「コロナ前までは、ほぼ毎日、大学野球の監督や選手とグラウンドで会い、自分の経験を伝えていました」と話す声は明るい。学生の就職支援や採用を担当しているといい、「数人の内定が決まりました。来春入社してもらえるよう、日々フォローしています」。

この記事は有料記事です。

残り948文字(全文1315文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る