メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

「サプライズ花火」って? コロナの終息を願い、全47都道府県で一斉=回答・横田伸治

花火の準備をする村瀬功さん。筒には「悪疫退散」の文字が=兵藤公治撮影

 なるほドリ 6月初めに全国で「サプライズ花火」があるって聞いたよ。どんなイベント?

 記者 新型コロナウイルスのせいで多くの花火大会が中止になり、廃業(はいぎょう)を考える煙火(えんか)店(花火屋さん)もあるようです。そんな中、約160店の「花火師」たちが全47都道府県で一斉(いっせい)に花火を打ち上げようと企画(きかく)しました。観客(かんきゃく)が集まれば感染(かんせん)が広がる恐(おそ)れもあるので、場所や日時は知らせず、いきなり打ち上げます。

 Q どんな思いが込(こ)められているの?

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文900文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 1.17生まれの前頭・照強「この日に相撲を取ることが責任」阪神大震災26年

  5. コロナで変わる世界 偽情報の規制が情報統制に デジタル世界の専門家が警告する「不安の増幅」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです