メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

Tポイント 便利さ願い3社提携

 別々の店のポイントカードを共通化するサービスとして、2003年に登場した。土台となったのはDVDレンタルや書籍販売を手がける「TSUTAYA(ツタヤ)」のカード会員だ。展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が、ガソリンスタンドやコンビニと提携。会員が提携店を利用すれば、共通のポイントがたまり、集めたポイントを使って好きな店で買い物できる仕組みを構築した。

 サービスの名前は、業界のナンバーワン企業による提携という意味の英語「トップシェアアライアンス」の頭文字「T」からつけた。多くの企業の参加により、ポイントがより使いやすくなるようにとの願いを込めた。提携先は外食店やホームセンター、自動車販売など、多様な業界に拡大。株式投資やインターネット通販でも活用されるようになった。3社で始まった提携は6190社に増えた。

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文595文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  3. 米強襲揚陸艦で火災18人搬送 サンディエゴの海軍基地、爆発も

  4. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです