メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遊戯三昧

「努力の証し」の大会を=杉山愛

 <遊戯三昧(ゆげざんまい)>

 新型コロナウイルスの影響で全国高校総合体育大会(インターハイ)や全国高校野球選手権大会(夏の甲子園)が中止となり、努力を積み重ねてきた高校3年生に掛ける言葉が見つからない。もちろん簡単なことではないが、選手が頑張ってきた証しになるような大会を創設し、「高校スポーツの集大成の場」を何とか提供してほしい。

 当たり前のように、毎年同じ時期に予定されていた大会が突然なくなったことの影響の大きさと、これまで普通に開催できていたありがたさを実感している。大会というのはゴール設定であり、そこに向けて何が必要で実力をつけるために何をすべきなのか、向き合うための時間を作ることにもつながる。その大会がなくなってしまい、先の見えないことでモチベーションが上がらなかったり、何に向かっていいのか分からなかったりという不…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

  2. 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです