メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヒットのヒント

「トミカ」 触って遊ぶ楽しさ重視 タカラトミー・安栄治さん

 タカラトミーのミニカー「トミカ」は、今年で発売50年の人気商品だ。いつの時代も、あこがれの車を手にして夢中で遊ぶ子どもは多い。累計6億7000万台の売り上げ。2秒に1台が売れている計算だ。2年連続で過去最高を更新している。希望小売価格は495円。

 発売は1970年。当時、子どもが遊ぶダイキャスト製ミニカーは輸入の外車ばかり。「子どもが町で目にする国産車で遊べるように」と、合併前のトミー(当時)が海外の製造工程を参考にして取り組んだ。

 まず、ブルーバードなど6車種を発売して人気に。これまで1000以上を送り出した。サイズは子どもの手のひらに乗る箱の横幅78ミリのまま、新たな車種を加えてラインアップを入れ替えている。

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

  4. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  5. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです