リニア問題 静岡県知事「約束守っていない」 国交省と亀裂 有識者会議運営で

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
静岡県の川勝平太知事=山田英之撮影
静岡県の川勝平太知事=山田英之撮影

 未着工のリニア中央新幹線静岡工区を巡り、静岡県の川勝平太知事と国土交通省の関係に亀裂が生じている。きっかけは有識者会議(事務局・国交省鉄道局)の初会合で金子慎・JR東海社長が県の姿勢を批判した発言。会議の場で発言を許したとして、川勝知事は27日の定例記者会見で、水嶋智・国交省鉄道局長を「責任を取るべきだ」「筋を通していない」と厳しく批判した。さらに有識者会議が透明性に欠けると主張して、赤羽一嘉国交相と会談する意向を表明したが、赤羽国交相は会談に応じない考えを示している。

 「運営が拙劣」「恥を知れ」「不誠実さが表れている」「問題は水嶋局長にある」。川勝知事は会見で、有識者会議の運営について国交省や水嶋局長を痛烈に非難した。

この記事は有料記事です。

残り770文字(全文1085文字)

あわせて読みたい

注目の特集