メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タチウオ、シラス、タイ…海の幸楽しんで 箕島漁港に産直施設 和歌山

新鮮な海の幸を買い求める客ら=和歌山県有田市宮崎町で2020年5月30日午前9時29分、橋本陵汰撮影

 和歌山県有田市宮崎町の箕島漁港に30日、水揚げされたばかりの魚などが手に入る産直施設「新鮮市場 浜のうたせ」がオープンした。同市と有田箕島漁協、県内を中心にスーパーを展開する「松源」が連携して計画。新型コロナウイルス感染症の影響で予定より遅れての開所となったが、待ちわびた地元住民らが早速、買い物に訪れていた。

 同漁港で漁獲高の多いタチウオなど水産物をはじめとした物産販売コーナーや、新鮮な海の幸が楽しめるレストランコーナーがある。同漁協などによると、漁港内に開所することで漁師の活気を感じてもらい、同市の観光拠点の一つになることも期待されている。

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文497文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プペルバスがやってくる 人気芸人西野さん絵本展 車内展示、県内8市巡る /島根

  2. 科学を政治のしもべにしてはいけない 菅政権による基本的人権の危機

  3. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  4. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  5. 南陽のラーメンPR 山形-静岡、週2回往復 丸富運輸、デザイントラック運行 /山形

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです