休校明け 不安だったら、ずる休みしてもいい 不登校の「先輩」の打ち明け話

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「不登校新聞」編集長の石井志昂さん=写真家の矢部朱希子さん撮影(NPO法人全国不登校新聞社提供)
「不登校新聞」編集長の石井志昂さん=写真家の矢部朱希子さん撮影(NPO法人全国不登校新聞社提供)

 「学校に行きたくない」と思っている君へ――。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が解除され、6月1日以降、多くの学校が本格的に再開されます。でも、学校に行くのがしんどいなあと感じている人も少なくないと思います。どうしたらいいんだろう。自らも中学生の時に不登校に悩んだ経験を持つ、「不登校新聞」編集長、石井志昂(しこう)さん(38)に聞きました。

 ――長い休校が明けて、学校へ行くのがつらいと感じている子がいるはずです。

この記事は有料記事です。

残り2228文字(全文2438文字)

あわせて読みたい

注目の特集