メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

田附勝さんが新作写真集 時間の層、まなざす「わたし」 古新聞と土器片撮影『KAKERA』

東日本巨大地震 2011年(平成23年)3月13日 読売新聞(撮影:12年9月27日 新潟県中魚沼郡津南町) 田附勝『KAKERA』より

 「見過ごされているもの」に目を向け、その深層に潜り、世界の複雑さをあぶり出してきた写真家の田附(たつき)勝さん(46)が、新作写真集『KAKERA』(T&M Projects)を刊行した。カメラが捉えるのは、現代史を記す古新聞の上に転がった物言わぬ縄文土器のカケラたち。「いくつもの時間の見えない重なりが写し出されている気がした。聞こえない声が我々に迫ってくることの重要性を考えたい」と田附さんは語る。

 本書に収録された写真に写る最も古い紙面は1918年、第一次世界大戦下の記事。64年に開業した東海道新幹線の広告や90年の東西ドイツ統一、2015年の戦後70年の記事などが時系列に並ぶ。史実を雄弁に語る文字情報やイメージの上で、日の当たらない倉庫に眠っていた遺物の頼りない断片が無防備な姿をさらす。現代と古代の巡り合い。それをまなざす今の「わたし」は一体、何者なのか。ページを繰る度に問いが迫る。

この記事は有料記事です。

残り1031文字(全文1431文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相と菅氏、吉村知事を厚遇「リーダーシップに敬意」 小池氏と対照的

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

  4. 王位戦第2局、藤井聡太七段が2連勝 終盤の強さ発揮 最年少タイトルに挑戦中

  5. 名古屋の名東区役所職員刺される 刺した74歳を殺人未遂容疑で現行犯逮捕 愛知県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです