メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画のミカタ

力を合わせるのは苦手でも=勝田友巳

 新型コロナウイルス禍に苦しむ小規模映画館を支援するクラウドファンディング「ミニシアター・エイド基金」は、約3万人から約3億円を集めて終了した。予定の3倍という。配給会社が自社作品をパックにして配信する「Help! The 映画配給会社」=ロゴ=にも13社が集まって奮闘中だ。5月22日には映画と演劇、音楽界が連携し、政府に「文化芸術復興基金」創設の要望書を手渡した。いずれも映画を守ろうという動きで、大きな反響を呼んでいるのは心強い。

 しかし、どうも引っかかる。コトは映画文化、映画芸術の多様性をなくすな、という訴えだ。それなら業界一丸となって行動すべき時だが、製作、配給、興行と、どこからも大手の声が聞こえてこないのである。

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文900文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです