メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画のミカタ

力を合わせるのは苦手でも=勝田友巳

 新型コロナウイルス禍に苦しむ小規模映画館を支援するクラウドファンディング「ミニシアター・エイド基金」は、約3万人から約3億円を集めて終了した。予定の3倍という。配給会社が自社作品をパックにして配信する「Help! The 映画配給会社」=ロゴ=にも13社が集まって奮闘中だ。5月22日には映画と演劇、音楽界が連携し、政府に「文化芸術復興基金」創設の要望書を手渡した。いずれも映画を守ろうという動きで、大きな反響を呼んでいるのは心強い。

 しかし、どうも引っかかる。コトは映画文化、映画芸術の多様性をなくすな、という訴えだ。それなら業界一丸となって行動すべき時だが、製作、配給、興行と、どこからも大手の声が聞こえてこないのである。

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文900文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです